6月は環境月間

暮らし

6月は環境月間だということを最近知った、、、ただの猫好き音楽好き人間です。
これまで、どれだけ環境問題に対する意識が低かったことか、、、(・_・;

こんなに意識が低かった自分が、ブログを通して地球に優しい暮らし方について考えはじめるとは、1年前の自分では考えられません。。

環境問題に対して意識を向けていなかったヒトが、一人でも多く、環境について考える、
考えるまではしなくとも、少しでも意識を向けて向けていけるよう、そんなきっかけとなる月間なんですね。

6月は、私もこのブログを通して、環境についての話題をどんどん発信していきたいと思います!

6月5日 “環境の日” (World Environment Day)

6月5日は”環境の日”、“世界環境デー”とも言われており、国連による国際的な記念日。

この記念日は、1972年6月5日からスウェーデンのストックホルムで、「国連人間環境会議」が開催されたことを記念して、創られた記念日だとか。環境問題に対して、世界で初めて開催された政府間の会合で、世界から113カ国が参加したそうです。

消えないでほしいもの


先日6月5日、SNSでも”環境の日”をキーワードに多くの投稿がみられました。

ツイッター社は、”消えないでほしいもの”をキーワードに投稿しよう、と呼びかけていました。

私は、コアラ、パンダ、ホッキョクグマ、ペンギン、ユキヒョウ、ウミガメ、イルカ、、、
野生動物全般、あげたらきりがありません(~_~;)

みなさんにとって、この地球から、”消えないでほしいもの”は何ですか?

日本の四季


身近なところをあげると、日本の四季、はなくなって欲しくないです。
日本以外にも四季のある国はありますが、世界中をみても3ヶ月ごとに四季が区切られている国は珍しいそうです。
日本は島国で海と山が近いので自然の変化を身近にかんじ、特に四季を好むのかもしれないですね。

春は桜の中を歩き
散りゆく桜吹雪に刹那をおぼえ



夏には空と海の青さを楽しみ
自然の中で遊び



秋は色づく落ち葉の上を歩き
どことなく寂しくなって


冬は辺り一面の雪景色の中で
静寂になる

私たちは四季の移ろいをかんじながら、一年を過ごしています

しかし、温暖化の影響で、日本の四季にも変化が出ています。
梅雨が早くなり、紅葉の時期は遅くなり、夏の時期が長くなる。
ここ数年、桜の開花も早くなっているような気がします。
日本の冬からは、雪がなくなってきています。

私が子供の頃は、スキーができていた地元の山、ここ最近雪が積もらず、スキー場は閉鎖となりました。

山に雪が積もらないと、綺麗な雪解け水がつくられず、お米などの農作物にも影響が出るようです

四季を身近にかんじられるということは、自然を楽しむということ
温暖化が進むと、私たちが身近にかんじていた四季が、消えてしまうのでしょうか、、、。
“消えないでほしいもの”、日本人として、四季が消えてなくなってしまうのは悲しいことです(´・ω・`)

生物多様性の地球

地球が温暖化すれば、寒冷地は住みやすくなってよいではないか、という意見を聞いたことがあります。温暖化の問題について、いろいろ観たり読んだりしていると、そういった意見も多くあるのだということを学びます。
しかし、素人ながらにも、温暖化が進めば、寒冷地に生息している動植物に影響を及ぼしてしまうのでは、と考えてしまいます。

人間は、その地に住めなくなれば、自ら移動できます。
住みやすい場所を目指して、移動すればいいのです。
しかし、人間は移動できたとしても、その地域で繁殖して、その環境でのみ生息できない、野生動物や植物がいます。
それらを犠牲にしてもなお、温暖化した方がよいと言えるのでしょうか(´・ω・`)

“消えないでほしいもの” 究極を言えば、生物多様性の一つしかないこの地球、なのだということを、6月5日の環境の日に、あらためて考えさせられました。








コメント

タイトルとURLをコピーしました