【環境問題】日々の暮らしの中できること

暮らし

【環境問題】私たちができること、まずは興味をもってみること

 Life、というカテゴリーについて、私が発信していきたいことをまとめてみました。
このカテゴリーでは、身近な日々の暮らしの中で環境についての話題や取り組めることについて、発信していこうと思っています。

環境問題というと、地球温暖化といった大きなテーマに行き着きます。テーマが地球規模、壮大すぎますね、、。壮大すぎて、私達がスーパーやコンビニのレジ袋をエコバックに変えたところで、解決できる問題とは到底思えません。しかし、少し視点を変えてみて、レジ袋をエコバックに変えるということは、環境問題に対する意識を向けるといった点で、とても有効な手段かと思います。スーパーのレジ袋をエコバックに変えることで、地球で起こっていることに興味を持ってみたり、温暖化のしくみについて興味を持ってみたり、少しでも環境問題に対する意識を向けることが大切、なのだと思っています。

私はここで、節電をしましょう、とか、節水しましょう、とか、車は使用しないで自転車で移動しましょうとか、そういったことが言いたいのではありません。
また、ベジタリアンやヴィーガンになってみようかとか、そういったことを勧めたいのではありません。
環境問題に対して、私が日々の暮らしの中で取り組んでみたこと、いいな、と思ったこと、野生動物のこと等、このカテゴリーを通して発信していきたいと思っています。環境に配慮してやってみたことや、環境に優しい住まいづくり、人々の活動、野生動物を守っていくための取り組み、そして企業が取り組んでいるSDGsの活動等、まずは知ること、そして発信すること、これも環境問題に対する取り組みになるかなと思い、このブログを通して発信していきたいと考えました。

私は環境問題の専門家ではないので、一般的なことしかわかりません。
ただの一個人、有名人でもなんでもありません。普通の、ただの猫好き音楽好きの女です。

ではなぜ私が環境問題について発信したいと思ったのか。
きっかけは、オーストラリアの森林火災です。この火災で、コアラを含む野生動物が10億匹以上犠牲になったことをニュースで知りました。ニュースやYoutubeで観た方も多いかと思います。
野生動物が被害にあうのは悲しすぎる、この問題にもっと意識を向けてみよう、と思ったのです。地球は人間だけのものではない。人間の手で引き起こしたことならば、人間自身が問題意識を持って暮らしていかねば。でも私如きに一体何ができるのか。SNSやブログで発信するくらいしかできないけど?いや、それでもいいじゃないか!!問題意識を持って暮らしていきたい、このブログでほそぼそと発信していこうと思ったのです。

ペットを飼っている、動物を愛している人は世の中に大勢います。そして私は、動物を愛する人は、きっと地球にも優しくしたい、と思っているにちがいない!とかなり楽天的ですが、勝手に信じています(・∀・)
できれば、そのような、動物は好きだけど環境問題は意識したことがないなぁ、というあなた、或いは環境問題にこれから取り組んでみたいと思っている方、ぜひ一緒に、私たちの身近な暮らしからできることを共有して発信していきましょう!!

 地球温暖化と異常気象

オーストラリアの森林火災は地球温暖化が原因、地球温暖化、うんなんとなくわかる、でも森林火災はどのようなメカニズムで起こるんだろうか、、。
アマゾンやオーストラリアの森林火災、アメリカ西海岸の山火事、そして近年の大型台風や集中豪雨。近年の異常気象のメカニズムに、まず興味をもってみました。

地球温暖化の仕組みは、なんとなくわかります。
ただの猫好き女が、めっちゃ簡単にまとめてみました。

  • 過剰な温室効果ガスが原因で、地球がまさに温室の中にいるような状態になっている
  • この過剰な温室効果ガスは人間が排出する二酸化炭素が主な原因となっている
  • この温室効果ガスが原因で地球の気温が上昇しており、異常気象が起こっている

地球温暖化、温室効果ガス、二酸化炭素、気候変動、、、よく耳にする言葉ですね。
この単語はよく耳にするけど、地球が温暖化するとなぜ集中豪雨といった異常気象が起こるの?どのようなメカニズムで起こるの? といったことは、ただの猫好き女は詳しく知りません。

そこで、調べてみました!調べみた結果、深堀りすると専門的すぎるので詳細なことは、説明できませんでした!!((((;゚Д゚))))))) 

なので、またまためっちゃ簡単にまとめてみました。

森林火災・山火事

森林火災は乾燥や落雷による自然発火や、放火・火の不始末といった人的要因が発生原因と言われています。
しかし、近年の森林火災や山火事がここまで広範囲に広がる原因は、地球温暖化による異常な高温による乾燥が原因、と科学者皆さんの間では意見がほぼ一致しているようです。
オーストラリアやアメリカの西海岸は雨が少ない乾燥した気候です。この気候に追い討ちをかけるような猛暑が、この土地を更に乾燥させてしまっています。

私は20代の頃、サンフランシスコの近くで暮らしていたのですが、山火事は毎年ありました。しかし、ここ数年起こっているような大規模な山火事ではなく、地元のニュースで放送される程度の山火事でした。昨年の山火事では、サンフランシスコやサンノゼの辺りまで煙が流れたようです。サンフランシスコの街が赤っぽい空気に包まれている映像を観た方も多いかと思います。
また、ここ数年の山火事で、ナパバレーやソノマのワイナリーが甚大な被害を受けました。2020年に収穫されるカベルネ・ソーヴィニヨン種のブドウの8割が、ワインの原料には使えない可能性があるといわれています。カリフォルニアワインが大好きな私にとっては、とても悲しい出来事です。。

オーストラリアの森林火災で、コアラが救出されているニュースを観た方も多いと思います。
2019年12月、オーストラリオの平均気温は42度を記録したそうです。また、この年は降水量が低くかなりドライな状態だったようです。さらに、コアラの餌となるユーカリの木には可燃性の油が含まれているため、これも火災が広まった要因なのだそうです。

大型台風・ゲリラ豪雨

ここ数年、日本では大型台風、集中豪雨、ゲリラ豪雨といった災害に見舞われています。毎年被害が出ていますね、、、。台風、集中豪雨、ゲリラ豪雨のメカニズムは異なりますが、これらが発生する要因は、地表や海上で温められた空気が上昇して積乱雲がつくられる、という点で共通しています。
またまたざっくりしていますが、要するに温かく湿った空気というのがキーワードです。空気中に含まれる水分量は気温が高くなるほど増えます。その水分をたくさん含んだ湿った空気が上昇すると冷たい空気とぶつかり積乱雲が発生します。

海上で温められてできた空気が上昇して積乱雲となり、その積乱雲が巨大化してスーパー台風になったり、集中豪雨の原因となる雨雲の一帶となります。

ここ数年、毎年起こるゲリラ豪雨。ゲリラ豪雨って、最近できた言葉ですよね。。
ゲリラ豪雨はヒートアイランド現象によって発生しやすいと言われています。

ヒートアイランド現象とは、コンクリートの建物やアスファルトで舗装された道路、そして排熱が原因で都市部の気温が上がる現象です。コンクリートジャングル(古い、、、)で建物は日差しを照り返し、アスファルトで舗装された道路は熱で温められ、都心の夏は灼熱地獄です。真夏の日差しを吸収してくれる土が、都会は少なすぎです!ヽ( ̄д ̄;)ノ

ヒートアイランド現象のメカニズムは地球温暖化とは違う?、違います。
が、地球温暖化による気温の上昇がヒートアイランド現象に拍車をかけているので、関係はしているといえるのではないでしょうか。
真夏の猛暑日、天気予報で大気が不安定と言われていたら、気をつけましょう。コンクリートやアスファストが温められて空気が上昇し、ゲリラ豪雨の原因となる巨大な積乱雲となります。温かく水分をたっぷりと含んだ湿った空気、これが年々モンスター化していっているような気がします(>_<)

このブログを綴っている今は、2021年5月中旬です。近畿、東海は梅雨入りしたとの発表がありました。近畿は統計史上最も早い梅雨入りだそうです。東京はまだ梅雨入り宣言されていませんが、もう既に梅雨のような天気が毎日続いています。
いや、これもう、梅雨です!!(*_*)  去年は梅雨明けが遅くて、たしか8月に入って梅雨明けしたと記憶しています。日本は熱帯雨林気候になっていくのでしょうか、、、。
日本は四季のない気候になるのでしょうか、、、。

日本の美しい四季が無くなってしまうことは、非常に悲しいことです。
異常気象や気候変動により、これまで生息していた生物がこの地球からいなってしまうことは、非常に悲しいことです。
温暖化問題だけでなく、海洋ゴミの問題等、多くの野生生物が犠牲になっています。非常に悲しいことです。

ただの猫好き音楽好き女の私如きに、一体何ができるのか、と思っていますが、微力ながらもこのブログでできることを探っていきたいと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました